一番感染しやすい性病は?

気づいたらクラミジア・・なんてことも・・

最も感染者が多い性感染症として、クラミジアが挙げられます。

 

日本にはクラミジア感染者が100万人以上もいるというのですから驚きです。

 

こんなに数が膨れ上がる理由の1つに、感染しても自覚症状が現れにくいという特徴があります。

 

女性なら約80%が自覚症状なしで、そのまま他の人にうつしてしまう可能性があります。

 

 

そしてうつされた人もまた自覚症状がなかったら・・こんな状態で感染者が膨れ上がっていくのです。私の女友達は、不妊治療でクラミジア感染に気付きました。幸い早期発見と早期治療で大事には至らず、その後妊娠して出産しました。

 

 

他の話では、妻が妊娠中に夫からクラミジアをうつされ、生まれてきた赤ちゃんに母子感染していたという事例もあるそうです。子宮外妊娠や流産という悲しい事例も聞きます。

 

 

一応女性の症状としておりものの増加・下腹部の痛み・おしっこの際の痛みが挙げられます。

 

 

男性の症状としては、おしっこの際の痛み・尿道から膿が出る等です。妊娠を望んでいる人達にとってとても怖い病気なので、身に覚えがあったら検査して下さい。例え覚えがなくても、結婚前にカップルで検査するケースもあります。

 

 

これはとても良いことなのでもっと広まれば良いと思います。

 

 

そしてクラミジア検査をするのなら、是非淋病や梅毒といった他の性病検査も受ける事です。

 

 

理由は同時感染している人が多いからです。早く検査をすれば早く性病が発見でき、早期の治療に望めます。早い方が治療に要する時間も費用も少なくて済みます。

 

 

自分自身の負担や苦痛も少なくて済むのです。恥ずかしい人には通販の検査キットもあります。若い人に人気なので、是非調べてみて下さい。